統合化推進プログラム

  • 進行中

2022年度~

概要

統合化推進プログラム(以下、「本プログラム」といいます)は、ライフサイエンスに関わる国内外のデータを統合的に扱うためのデータベース(統合データベース)開発を目的としたプログラムです。具体的な研究開発は、研究データの収集・整理、標準化・公開・共有・品質管理、運用等で、他のデータベースとの連携・統合化や、収録データを円滑に利用するために必要なインターフェース・ツールの開発等も含みます。

本プログラムは、これらの研究開発を通じて公共データ利活用のための情報環境整備を行うとともに、利用者の知識発見や課題解決への寄与および国際的なオープンサイエンスへの貢献を目指します。

研究総括

伊藤 隆司

九州大学 大学院医学研究院 教授

研究アドバイザー

岩崎 渉 東京大学 大学院新領域創成科学研究科 教授
鎌田 真由美 京都大学 大学院医学研究科 准教授
坂井 寛章 農業・食品産業技術総合研究機構 高度分析研究センター ユニット長
清水 佳奈 早稲田大学 理工学術院 教授
瀬々 潤 (株)ヒューマノーム研究所 代表取締役社長
馬場 健史 九州大学 生体防御医学研究所 教授
山本 一夫 千葉大学 大学院医学研究院 特任教授
吉田 哲郎 アクセリード(株) 新技術評価リード

(2022年5月現在;五十音順に掲載)

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容や本事業の一環として運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。