個体ゲノム時代に向けた植物ゲノム情報解析基盤の構築

カテゴリ

  • 進行中
  • 統合化推進プログラム
  • 2017年度採択

研究代表者氏名・所属

田畑 哲之

かずさDNA研究所 所長

研究開発の概要

本研究開発課題では、 PGDBj において種、属、科などの階層間のゲノム関連情報を容易に比較できる仕組みを整備し、特定の種で得られている知見を他の種で参照できる基盤を構築する。現 PGDBj の諸機能を基軸に、新たな配列データを柔軟に取り入れ、ユーザが必要とする情報を抽出できるデータベースの開発を目指す。さらに個体ゲノムの時代が植物にも到来することを見据え、ユーザ自身が分析した NGS データを投入できる多型・ハプロタイプ検出システムを開発・実装する。

主な研究開発対象データベース

研究開発期間

2017年4月~2022年3月

資料

発表資料

報告書

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。