バイオイメージングデータのグローバルなデータ共有システムの構築

カテゴリ

  • 進行中
  • 統合化推進プログラム
  • 2022年度採択

研究代表者氏名・所属

大浪 修一

理化学研究所 生命システム研究センター チームリーダー

研究開発の概要

バイオイメージングデータと生命動態定量データの統合データベースである「SSBDデータベース」を、日本の全ての生命科学研究者が利活用し、かつ日米欧などの国際連携に基づく国際的データ共有基盤として再構築する。また、情報科学的な画像解析手法の開発・共有促進プラットフォームの構築、持続的な運用と発展を可能にするためのシステム開発を実施する。

主な研究開発対象データベース

研究開発期間

2022年4月~2027年3月

グラント番号

JPMJND2201

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容や本事業の一環として運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。