ゲノム情報に基づく疾患・医薬品・環境物質データの統合

カテゴリ

  • 終了
  • 統合化推進プログラム
  • 2011年度採択

研究代表者氏名・所属

金久 實

京都大学 化学研究所 特任教授

研究開発の概要

ヒトゲノム計画を契機としたハイスループット実験技術の進歩と大量データの生産、それに伴うデータベースの整備により、ライフサイエンス分野の研究は大きく進歩しているが、その恩恵は一般社会にまでは到達していない。そこで本研究開発では、疾患・医薬品・環境物質など社会的ニーズの高いデータを、ゲノム情報を基盤とした生体システム情報として統合し、最先端の研究と一般社会との架け橋となる統合データベース構築を行う。

主な研究開発対象データベース

研究開発期間

2011年4月~2014年3月

資料

発表資料

報告書

評価

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。