蛋白質構造データバンクのデータ駆動型研究基盤への拡張

カテゴリ

  • 進行中
  • 統合化推進プログラム
  • 2022年度採択

研究代表者氏名・所属

栗栖 源嗣

大阪大学 蛋白質研究所 教授

研究開発の概要

日米欧の国際組織wwPDBの枠組みのもと、構造生物学の基盤データベースである「PDB」(蛋白質立体構造データバンク)と「BMRB」(NMR実験情報データバンク)の日本拠点をさらに効率化して安定的に構築するとともに、AI構造予測技術に対応するためにデータ登録システムの拡張と機械学習用選抜データセットの公開に取り組む。また、立体構造中の分子ポケット情報を自動アノテーションして公開する。

主な研究開発対象データベース

研究開発期間

2022年4月~2027年3月

グラント番号

JPMJND2205

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容や本事業の一環として運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。