catch phrase
文字サイズ変更  font-L font-M font-S

2016年度「統合データベース講習会:AJACS」受入れ機関が決定しました。

2016年度の統合データベース講習会:AJACSは、下記6機関で開催することになりました。

  • 群馬大学 (2016年6月21日開催予定)
  • 広島大学 (2016年7月5日-6日開催予定)
  • 秋田県総合食品研究センター (2016年8月8日-9日開催予定)
  • 京都大学 (2016年9月1日-2日開催予定)
  • 東京女子医科大学 (2016年9月または12月開催予定)
  • 藤田保健衛生大学 (2017年1月31日-2月1日開催予定)

詳細は、こちらをご覧ください。

 

【本日より申込み受付開始!】NGSハンズオン講習会(2016年7月19日~8月4日)を開催します。

 NGS(Next Generation Sequencer)は、基礎および応用の様々な分野で導入され、ライフサイエンス研究に大きな変貌をもたらしています。NGSから産生される塩基配列データには、多様な生物を特徴付ける重要な情報が膨大かつ複雑に存在しており、このような配列データを効率的に解析するバイオインフォマティクスの重要性が増しています。しかし現状では、量産されるデータ量に対し、多様な実験データの解析と解釈が出来るバイオインフォマティクス人材の数は圧倒的に少なく、基礎研究をはじめ、医療、創薬などの分野からもバイオインフォマティクス人材の育成が強く求められています。
 NBDCでは、より多くの生命科学系の研究者及び研究支援者がバイオインフォマティクススキルを身に付けることが出来る機会として、本年度もNGSハンズオン講習会を2016年7月19日(火)~8月4日(木)(土日除く12日間)に開催いたします。
 平成27年度の受講者アンケート結果を受けて、平成28年度は、需要の多い「初~中級レベルのNGS解析(第2部:7/25-28)」を中核とした3部構成とします。第2部は、昨年度の講義内容を基本に「適度の増量」を予定しています。「統計解析(第1部:7/20-22)」の内容は、大幅な増加となる予定です。また、「中~上級レベルのNGS解析(第3部:8/1-4)」を新規に実施します。
 これまでの本講習会の枠組みでは実施できなかった内容を多く含める予定ですので、第1部および3部は既に一定のスキルをもつ受講生を対象としておりますが、新規に受講される方でも、平成27年度の講習会資料を中心に指定された予習を実施すれば、問題なく理解していただけると思います。

詳細については、こちら

【Integbioデータベースカタログ】データベースのデータ一括ダウンロードサイト関連の情報を追加しました。

Integbioデータベースカタログに収載されているデータベースのうち、データをまとめてダウンロードできるものについて、一括ダウンロードデータのあるページへのリンク、一括ダウンロードデータのデータ説明へのリンク、データの利用条件へのリンク情報を追加しました。トップページ左手にある 絞り込み検索 > その他の条件 > 一括ダウンロード可のDB でデータベースを絞り込むことができます。リンクは各データベースの詳細ページにURLが記載されています。

Integbioデータベースカタログ

【Integbioデータベースカタログ】ライフサイエンス統合データベースセンター (DBCLS) が運用する「統合TV」へのリンクを追加しました。

Integbioデータベースカタログに収載されているデータベースのうち、DBCLSの「統合TV」で紹介があるものについて、統合TVへのリンクを追加しました。トップページ左手にある 絞り込み検索 > その他の条件 > 統合TV で統合TVへリンクのあるデータベースに絞り込むことが可能です。リンク先では統合TV上で当該データベースの名称(または略称)を用いて絞り込んだ番組(動画)リストが表示され、関連動画の閲覧ができます。

Integbioデータベースカタログ

統合TV

【生命科学系データベースアーカイブ】「fRNAdb」(産業技術総合研究所 光山統泰研究グループ長)を追加しました。

「fRNAdb」は、文献で報告された非コードRNAを収集し、塩基配列、ゲノム位置、2次構造、文献情報などと関連付けてカタログ化したデータベースです。

fRNAdb アーカイブ

生命科学系データベースアーカイブ

【NBDCヒトデータベース】東京大学大学院 医学系研究科からの制限公開データを公開しました。

制限公開データ(Type I)1件(hum0045.v1)が公開されました。データの詳細はこちら

【生命科学系データベースアーカイブ】DOIを登録しました。

生命科学系データベースアーカイブに収録したデータベース、及びデータベースを構成する各データのDOI(Digital Object Identifier)を登録しました。登録したDOIの一覧は、DOI一覧ページをご覧ください。

DOI一覧ページ

生命科学系データベースアーカイブ

【生命科学系データベースアーカイブ】「CREATE portal」 (かずさDNA研究所)を追加しました。

「CREATE portal」は、274種類のマウスKIAA遺伝子の発現を解析したInGaPと、50種類のマウスKIAAタンパク質のタンパク質相互作用を解析したInCePを収録したデータベースです。

CREATE portal

生命科学系データベースアーカイブ

【NBDCヒトデータベース】京都府立医科大学 医学研究科 からの非制限公開データを公開しました。

非制限公開データ1件(hum0029.v1)が公開されました。データの詳細はこちら

【生命科学系データベースアーカイブ】「NBDC NikkajiRDF」 (国立研究開発法人 科学技術振興機構)のデータを更新しました

「NBDC NikkajiRDF」は日本化学物質辞書(日化辞)のデータを化合物情報のRDF記述で標準となっているオントロジーを用いてRDF化したデータベースです。

今回の更新では、以下の3つのデータを新たに追加しました。

また、「日化辞の本体のRDFデータ」と 「日化辞のInChIのRDFデータ」について、データを追加しました。

NBDC NikkajiRDF

生命科学系データベースアーカイブ