catch phrase
文字サイズ変更  font-L font-M font-S

統合データベース講習会:AJACS名古屋2(2018年12月5日)の受講申し込みを開始しました。

AJACS名古屋2ポスター統合データベース講習会:AJACSは、生命科学分野のデータベースやツールの使い方、データベースを統合する活動を紹介する初心者向けの講習会です。生命科学分野のデータベースを利用したい、研究に役立てたい方はどなたでもご参加いただけます。たくさんの皆さまのご参加をお待ちしています。

  • 日時:2018年12月5日(水)10:00-15:40
  • 会場:愛知県がんセンター 国際医学交流センター 大会議室
    (愛知県名古屋市千種区鹿子殿1番1号)
  • 定員:約100名
  • 参加費:無料
  • 応募方法:募集ページの応募フォームよりお申し込みください。
    (申込締切:11月27日(火)12:00)
  • 問い合わせ先:統合データベース講習会事務局(AJACS[AT]biosciencedbc.jp)
    ([AT]を @ にかえて下さい)

【NBDCヒトデータベース】大阪大学免疫学フロンティア研究センター 実験免疫学 からの制限公開データ(Type I)を公開しました(hum0125)

研究題目:制御性T細胞特異的エピゲノム誘導による免疫制御の研究
からの制限公開データを公開しました。 研究内容はこちら

当該データの利用には、データ利用申請が必要です。申請の際には、NBDCヒトデータ共有ガイドラインおよびNBDCヒトデータ取扱いセキュリティガイドラインを熟読してください。

【NBDCブログ】新着記事「第21回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2018)参加報告」を掲載しました。

NBDCブログに新着記事「第21回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2018)参加報告」を掲載しました。

画像認識・理解技術に関する国内最大規模の会合であるMIRU2018(8/5~8、札幌)に参加したNBDC研究員が、ライフサイエンスへの応用研究を中心とした一般発表と特別企画について、平易な表現で簡潔に報告した記事です。

専門家ではないけれども、画像処理分野における深層学習(ディープラーニング)等の研究動向に興味があるという方は、ぜひご覧ください。

【NBDCヒトデータベース】福井大学医学部 耳鼻咽喉科・頭頸部外科学 からの制限公開データ(Type I)を公開しました(hum0128)

研究題目:慢性好酸球性炎症疾患の網羅的遺伝子解析と網羅的蛋白質解析に関する研究
からの制限公開データを公開しました。 研究内容はこちら

当該データの利用には、データ利用申請が必要です。申請の際には、NBDCヒトデータ共有ガイドラインおよびNBDCヒトデータ取扱いセキュリティガイドラインを熟読してください。

【メンテナンス】2018年 11月16日(金) の20:00 ~ 2018年 11月18日(日) 18:00の間、DBCLSにリンクしているサービスが停止します。

2018年 11月16日(金) の20:00 ~ 2018年 11月18日(日) 18:00の間、システムメンテナンスのため、トップページからDBCLSにリンクしている以下のサービスが一時的にご利用いただけなくなります。ご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

DBCLSサービス停止のお知らせ

http://dbcls.rois.ac.jp/ja/2018/10/26/post1.html

トップページからDBCLSにリンクしているサービス

【NBDCヒトデータベース】理化学研究所 生命医科学研究センター からの制限公開データ(Type I)を公開しました(hum0158)

研究題目:シークエンス解析によるがんゲノム研究:肝臓がん
からの制限公開データを公開しました。 研究内容はこちら

当該データの利用には、データ利用申請が必要です。申請の際には、NBDCヒトデータ共有ガイドラインおよびNBDCヒトデータ取扱いセキュリティガイドラインを熟読してください。

NBDCセンター長のインタビュー記事が日本経済新聞 電子版に掲載されました。

高木利久NBDCセンター長のインタビュー記事が、10月19日付の日本経済新聞 電子版に掲載されました。

詳しくは、日本経済新聞 電子版をご覧ください。

サイエンスアゴラ2018にてセッション「ヒトの生命情報を研究に活かすためのサービス」を開催します

JSTが毎年開催している「サイエンスアゴラ」は、科学と社会をつなぐ日本最大級のオープンフォーラムです。今年の「サイエンスアゴラ2018」は11月9日から11日まで日本科学未来館とテレコムセンタービル(東京・お台場)で開催されます。市民参加の科学討論、子供向け理科実験、各種展示など、3日間で120の企画が用意されています。

NBDCはサイエンスアゴラ2018においてセッション「ヒトの生命情報を研究に活かすためのサービス」を開催します。NBDCヒトデータベースTogoVarについて、その成り立ちや利用場面等を交えながらご紹介します。ご来場をお待ちしております。

サイエンスアゴラ2018 NBDCセッション

「ヒトの生命情報を研究に活かすためのサービス」

第91回日本生化学会大会で開催したシンポジウム「生命科学分野のデータベースとツールを使いこなす」の資料を公開しました。

第91回日本生化学会大会において、日本生化学会とNBDCの共催企画として開催したシンポジウム「統合データベース講習会:生命科学分野のデータベースとツールを使いこなす」(2018年9月25日)の講演動画および発表スライドを公開しました。

発表内容

  • 「データベースを使いやすく」:NBDCのサービス紹介と目指すデータベース統合の形
  • ゲノム医科学に必要な情報基盤としての日本人ゲノムデータベース
  • 今日から使える遺伝子発現データ解析ツールの紹介
  • 文献情報関連サービス活用法

詳細はイベントのページからご覧ください。

国際開発者会議 BioHackathon 2018 参加登録受付中

biohackathon 2018NBDCとDBCLS(ライフサイエンス統合データベースセンター)では、第11回 国際開発者会議 BioHackathon 2018を松江市にて開催します。BioHackathon(バイオハッカソン)とは、生命科学分野のデータベース統合のための技術基盤を確立することを目的に、世界中から研究開発者が集まり、合宿形式で情報交換と技術開発を行う国際会議です。現在、ウェブサイトの登録フォームより参加登録受付中です(11月11日まで)。皆さまのご参加をお待ちしております。

BioHackathon 2018

  • 公開シンポジウム
    日程:2018年12月9日(日)
    会場:ホテル一畑(島根県松江市)
  • ハッカソン
    日程:2018年12月10日(月)-15日(土)
    会場:ホテル一畑(島根県松江市)
  • ウェブサイト
    http://2018.biohackathon.org/