catch phrase
文字サイズ変更  font-L font-M font-S

NBDCブログへようこそ。

私たちバイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)は、日本の生命科学研究を推進するため、データベースをつなげて使いやすくする事業を実施しています。

このブログでは、データベース構築・利活用に関する実施事例やTipsのほか、生命科学分野のホットな話題に関する簡単な解説など、みなさまのお役に立つような記事を発信していきます。

NBDCについてもっと知りたい方は、「NBDCについて」をご覧ください。

なお、本ブログの内容は執筆者個人の見解であり、所属機関の意見を示すものではありません。 

(最終更新日:2018年7月18日)

FORCE2018参加報告 ~オープンサイエンスの未来を考える会合に参加して~

大波純一
バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)

NBDCの大波です。

2018年10月10日~12日に、カナダのモントリオールでFORCE2018が開催されました。FORCE2018はFORCE11の開催する年次会合であり、主にオープンサイエンスについて幅広い議論がなされました。

FORCE11は研究者、図書館員、アーキビスト、出版関係者、ファンディング機関関係者等から構成されているコミュニティであり、情報技術を効果的に使って学術コミュニケーションに変革をもたらすことを目的としています。データ共有の基準の一つであるFAIR原則(Findable(見つけられる)、Accessible(アクセスできる)、Interoperable(相互運用できる)、Reusable(再利用できる))は、このコミュニティがきっかけとなって生み出されました*1

NBDCではFAIR原則に関する文書*1を公開したこともあり、これまで進めてきた研究データ公開の方法に関してより幅広い知見を得るため、本会合に参加してきました。

続きを読む...

「トーゴーの日シンポジウム2018」を開催しました

杉澤芳隆 
バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)

NBDCでは2018年10月5日、「トーゴーの日シンポジウム2018~バイオデータベース:つないで使う~」を開催しました。生命科学分野におけるデータベースの統合と利活用について、様々な立場の参加者が共に考え議論を深めるために、毎年開催されているシンポジウムです。今年は日本科学未来館の未来館ホールほかを会場に、招待講演2件、口頭発表11件、ワークショップやポスター発表が行われ、大学や研究機関、企業などから約300名が参加しました。ご来場くださった方々、講演や発表をしてくださった皆さまに、改めて御礼申しあげます。事務局として開催までの準備と当日のご案内を担当した筆者から、シンポジウムの様子をご報告します。

続きを読む...

第21回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2018)参加報告

建石由佳 
バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)

NBDC研究員の建石です。

さる8月5日~8日、北海道の札幌コンベンションセンターで、第21回画像の認識・理解シンポジウム(MIRU2018)が開催されました。参加者約800名と画像処理分野では国内最大規模の会合です。

続きを読む...

【プログラミングなし】ワードクラウドで「トーゴーの日シンポジウム」のキーワードを可視化する方法

森亮樹 
バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)

みなさま、はじめまして。NBDC広報チームの森です。

現在NBDC広報チームは、10月5日(金)に日本科学未来館で開催する「トーゴーの日シンポジウム2018」に向けて、準備の最終段階に入っています。

続きを読む...

1 / 2