国立研究開発法人 科学技術振興機構

統合データベース講習会:AJACS宮崎2

統合データベース講習会:AJACSは、生命科学系のデータベースやツールの使い方、データベースを統合する活動を紹介する講習会です。

今回の講習会では、生命科学系データベースのカタログ、横断検索、アーカイブ、ヒトデータに関するサービス・ツール等の紹介に加えて、塩基配列解析のためのデータベース・ウェブツール、次世代シークエンスデータベース、遺伝子発現データの生物学的解釈を助けるデータベース・ウェブツールの使い方についてご紹介します。参加者全員がハンズオンでコンピュータを使いながらの講習です。

みなさまのご参加をお待ちしています。

開催概要

日時 2019年8月28日(水)9:00~17:00 または 13:20~16:30
会場 宮崎大学 木花キャンパス 情報基盤センター
(宮崎県宮崎市学園木花台西1丁目1番地)
定員 1日コース:60名(+サテライト20名)/ 半日コース(午後のみ):60名
参加費 無料
PC

ご自身のPCをお持ち込みください。

  • 電源、ネットワーク環境(有線・無線)有。ご自身のWi-Fiモバイルルーターの持ち込みも可能です。
  • ご紹介するツールは、Chrome上で動作させることを想定しています。事前にインストールをお願いいたします。
主催 国立研究開発法人科学技術振興機構バイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)
共催
  • 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構データサイエンス共同利用基盤施設ライフサイエンス統合データベースセンター(DBCLS)
  • 産業動物防疫リサーチセンター(CADIC)(文部科学省先端研究基盤共用促進事業(平成30年度新たな共用システム導入支援プログラム)採択機関)

申込

申し込み受付は終了しました。

お問い合わせ

統合データベース講習会事務局までメールにてお問い合わせください。
AJACS[AT]biosciencedbc.jp([AT]を @ にかえてください)

プログラム

1日コース

会場:107学生実習室B1

講習資料は以下のページをご覧ください。

9:00~9:05 受入れ機関ご挨拶
三澤 尚明 教授(宮崎大学産業動物防疫リサーチセンター長)
9:05~10:30 NBDCの紹介とNBDCが提供するサービス
箕輪 真理(NBDC/DBCLS)
研究に必要な情報を得るためにNBDCのサービスを使えるようになる
10:40~12:10 塩基配列解析のためのデータベース・ウェブツール
内藤 雄樹(DBCLS)
遺伝子や塩基配列の検索、CRISPRガイドRNA設計などへの応用、研究に役立つウェブツールの活用など
12:10~13:20 昼食休憩
13:20~14:50

次世代シークエンスデータベース
仲里 猛留(DBCLS)
次世代シークエンサー(NGS)によって得られるデータとその利用シーンについて理解できるようになる。

15:00~17:00 遺伝子発現データの生物学的解釈を助けるデータベース・ウェブツールの使い方
小野 浩雅(DBCLS)
だれでも自由に使うことができる公共データベースやウェブツールを活用して、研究のさまざまな場面で調べることの多い個々の遺伝子発現データを簡単に調べるための方法と基礎知識について学びます。続いて、数百~数千におよぶ遺伝子セットについて、生物学的な解釈をする方法とその結果の考察を実践します。

AJACS(あじゃっくす)とは

ライフサイエンス分野のデータベース統合を担う人材、アノテーター(Annotator)、キュレーター(Curator)、システムデータベース管理者(System DB administrator)の総称です(All Japan Annotator/Curator/System DB administrator)。AJACSな人は、統合データベースの作成、維持、管理にかかわる新たな職種です。

NBDCメルマガ

NBDCの講習会・研究費公募・成果情報など、ライフサイエンスの研究者・技術者・支援者の皆さまに毎月お届けします。