【プレス発表】プロテオーム統合データベースjPOSTを開発-アジア・オセアニア唯一の国際標準データリポジトリをスタート-

  • その他
  • ファンディング
  • 統合化推進プログラム
2016年5月2日

 京都大学大学院薬学研究科の石濱 泰 教授らは、jPOSTデータリポジトリシステムを新たに開発し、全世界に向けて公開しました。
 本システムは、アジア・オセアニア地域における初めての国際標準プロテオームデータリポジトリであり、2016年度国際ヒトプロテオーム機構・プロテオミクス標準化構想会議(HUPO-PSI、2016年4月18-20日、ベルギー・ゲント市)において、国際標準のデータリポジトリシステムを提供するProteomeXchangeコンソーシアムへの加盟が宣言されました。今後、アジアを中心に世界中のプロテオームデータをjPOSTに収集することが可能となります。

詳細はプレスリリースをご覧ください。

研究開発課題の概要
 研究開発課題 プロテオーム統合データベースの構築
 研究代表者 石濱 泰
 所属・役職 京都大学 大学院薬学研究科 教授

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。