国立研究開発法人 科学技術振興機構

【統合化推進プログラム】MS-DIAL 4による生命の脂質分子の網羅的解析

  • その他
  • ファンディング
  • 統合化推進プログラム
2020年6月18日

理化学研究所 生命医科学研究センター メタボローム研究チームの津川裕司研究員、有田誠チームリーダーらの国際共同研究グループは、質量分析データから脂質の構造を推定するためのアルゴリズムを新たに開発し、生体内の脂質をより解像度高くとらえることに成功しました。
また、このアルゴリズムを質量分析データ統合解析ソフトウェア「MS-DIAL」の新バージョン(MS-DIAL 4)に実装しました。MS-DIAL 4では、Lipidomics Standard Initiative(LSI)に準拠した脂質解析が可能です。

MS-DIAL 4 を用い、本研究チームらによる過去の計測データ(細胞、マウスおよびヒト由来検体)を再解析したところ、これまでより10倍程度も多くの脂質分子種を同定することに成功しました。新たに同定された脂質分子種には、未知の分類群が複数ふくまれていました。

本研究の成果論文は、日本時間2020年6月16日、科学雑誌『Nature Biotechnology』オンライン版に掲載されました。

本成果は、研究チームの所属機関からプレスリリースされています。

本研究の一部は、「統合化推進プログラム」における研究開発課題「物質循環を考慮したメタボロミクス情報基盤」(研究代表者:有田正規)の一環として実施されました。

本成果のイメージ。脂質分子種を質量分析・情報科学で解析し、生体組織中のリポクオリティを包括的に捉えた

関連リンク

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。