生化学反応ネットワーク統合解析環境の拡張

カテゴリ

  • 終了
  • 統合化推進プログラム(統合データ解析トライアル)
  • 2014年度採択

研究代表者氏名・所属

西田 孝三

理化学研究所 生命システム研究センター テクニカルスタッフ

研究開発の概要

マルチオミクス・パスウェイ・ドラッグターゲット情報を統合した生化学反応ネットワーク統合解析環境の拡張を行う。昨年度の研究開発で行ったワークフローを整備し、分子間相互作用ネットワーク解析プラットフォームCytoscapeが掲げるCyberinfrastructureへの対応を念頭に置いた解析環境の汎用化を推し進める。また昨年度成果では大腸菌に限定していた解析対象の生物種を改め、本年度はシロイヌナズナへも解析の適用が可能であることを示し汎用性の向上を実証する。

主な研究開発対象データベース

研究開発期間

2014年9月~2015年2月

資料

発表資料

報告書

評価

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。