機械学習を用いたタンパク質-リガンド結合部位予測ツールの自動生成パイプラインの開発

カテゴリ

  • 終了
  • 統合化推進プログラム(統合データ解析トライアル)
  • 2013年度採択

研究代表者氏名・所属

番野 雅城

東京大学 大学院農学生命科学研究科 応用生命工学専攻 生物情報工学研究室 大学院生

研究開発の概要

利用者が指定したリガンド(糖、脂質、金属イオンなど)に対し、そのリガンドが結合するタンパク質の部位(リガンド結合部位)を予測するツールの自動生成パイプラインを開発する。すでに開発したリガンド結合部位データベースにほかの最新データを統合することで、機械学習に基づく高精度な予測ツールを生成する。生成される予測ツールは立体構造未知なタンパク質も予測可能で計算コストも小さく、ゲノムワイドな予測が可能である。

主な研究開発対象データベース

研究開発期間

2013年9月~2014年1月

資料

発表資料

報告書

評価

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。