国立研究開発法人 科学技術振興機構

【公募】統合化推進プログラム 研究開発課題の2022年度公募を開始しました

  • その他
  • ファンディング
  • 統合化推進プログラム
  • 公募情報
2021年12月15日

統合化推進プログラム(以下、「本プログラム」といいます)における研究開発課題の2022(令和4)年度公募を本日より開始いたしました。
本プログラムは、ライフサイエンスに関わる国内外のデータを統合的に扱うためのデータベース(統合データベース)開発を目的としたプログラムです。具体的な研究開発は、研究データの収集・整理、標準化・公開・共有・品質管理、運用等で、他のデータベースとの連携・統合化や、収録データを円滑に利用するために必要なインターフェース・ツールの開発等も含みます。

研究開発の規模は以下の通り。詳細は2022年度公募情報ページ をご覧ください。

研究開発の規模

研究開発期間 研究費(上限額) 採択予定課題数
2022年4月から2027年3月までの5年以内 年度あたり3,500万円(直接経費) 6件程度
  • ※選考の過程で、設定した研究費の妥当性を査定します。
  • ※実際の研究費は、研究開発計画の精査・承認によって決定します。
  • ※研究進捗状況等を踏まえ、研究開発期間中に別途調整する場合があります
  • ※委託研究開発契約に基づき、研究機関に対して上記研究費(直接経費)とは別に、原則として直接経費の30%の間接経費を支払います。

詳細・募集要項

2022年度公募情報ページ
https://biosciencedbc.jp/funding/calls/2022.html

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容や本事業の一環として運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。