【受賞情報】金久 實特任教授(京都大学)が、2018年の「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」を受賞しました

  • その他
  • ファンディング
  • 統合化推進プログラム
2018年9月21日

2018年9月20日、統合化推進プログラムの研究代表者である金久 實特任教授(京都大学)が、2018年の「クラリベイト・アナリティクス引用栄誉賞」を受賞しました。

研究開発課題の概要
 研究開発課題 ゲノム・疾患・医薬品のネットワークデータベース
 研究代表者 金久 實
 所属・役職 京都大学 化学研究所 特任教授

詳しくはクラリベイト・アナリティクス社のウェブサイトをご覧ください。

なお、10月5日にNBDCが開催する「トーゴーの日シンポジウム2018」(日本科学未来館・東京)において、金久特任教授が上記の研究開発課題に関する講演を行います。
また、昨年の同シンポジウムにおける金久特任教授の講演動画は、こちらのページからご覧いただけます。

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。