【統合化推進プログラム】SSBDの論文が公開されました

  • その他
  • ファンディング
  • 統合化推進プログラム
2016年7月20日

 理化学研究所 生命システム研究センターの大浪修一チームリーダーらによる、生命動態の定量データと動画像のデータベースSSBD(Systems Science of Biological Dynamics)の論文が公開されました。

論文情報
 SSBD: a database of quantitative data of spatiotemporal dynamics of biological phenomena
 Yukako Tohsato, Kenneth H. L. Ho, Koji Kyoda and Shuichi Onami
 http://bioinformatics.oxfordjournals.org/content/early/2016/07/12/bioinformatics.btw417.abstract

データベース情報
 SSBD(Systems Science of Biological Dynamics)
 http://ssbd.qbic.riken.jp/
 SSBDは生命動態の定量データとその取得に利用した動画像を再利用が容易なかたちで包括的に管理することを目的に構築されたデータベースです。単一分子、細胞、細胞核などのスケールにおける様々な手法により取得された様々な生物種のデータを収集しています。手法としては実験解析およびコンピュータシミュレーションともに対象としています。

研究開発課題の概要
 研究開発課題 生命動態情報と細胞・発生画像情報の統合データベース
 研究代表者 大浪 修一
 所属・役職 理化学研究所 生命システム研究センター チームリーダー

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。