【本日より申込み受付開始!】NGSハンズオン講習会(2016年7月19日~8月4日)を開催します。

  • イベント
  • その他のイベント
2016年4月4日

 NGS(Next Generation Sequencer)は、基礎および応用の様々な分野で導入され、ライフサイエンス研究に大きな変貌をもたらしています。NGSから産生される塩基配列データには、多様な生物を特徴付ける重要な情報が膨大かつ複雑に存在しており、このような配列データを効率的に解析するバイオインフォマティクスの重要性が増しています。しかし現状では、量産されるデータ量に対し、多様な実験データの解析と解釈が出来るバイオインフォマティクス人材の数は圧倒的に少なく、基礎研究をはじめ、医療、創薬などの分野からもバイオインフォマティクス人材の育成が強く求められています。
 NBDCでは、より多くの生命科学系の研究者及び研究支援者がバイオインフォマティクススキルを身に付けることが出来る機会として、本年度もNGSハンズオン講習会を2016年7月19日(火)~8月4日(木)(土日除く12日間)に開催いたします。
 平成27年度の受講者アンケート結果を受けて、平成28年度は、需要の多い「初~中級レベルのNGS解析(第2部:7/25-28)」を中核とした3部構成とします。第2部は、昨年度の講義内容を基本に「適度の増量」を予定しています。「統計解析(第1部:7/20-22)」の内容は、大幅な増加となる予定です。また、「中~上級レベルのNGS解析(第3部:8/1-4)」を新規に実施します。
 これまでの本講習会の枠組みでは実施できなかった内容を多く含める予定ですので、第1部および3部は既に一定のスキルをもつ受講生を対象としておりますが、新規に受講される方でも、平成27年度の講習会資料を中心に指定された予習を実施すれば、問題なく理解していただけると思います。

詳細については、こちら

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。