【横断検索】6件のデータベースが検索できるようになりました。

  • 更新情報
  • 横断検索
2015年6月9日

「生命科学データベース横断検索」から6件のDBが追加で検索できるようになりました。

  • 「RGP: 332 PCR-based genetic markers on rice chromosomes[アーカイブデータ]」:我々は161個のsequence tagged site(STS)マーカーと171個のcleaved amplified polymorphic sequence (CAPS)マーカーを含む、332個のPCR法による遺伝マーカーを開発しました。このページではこれらマーカー情報を提供します。STSマーカーやCAPSマーカーについての染色体上の位置、プライマー配列、増幅断片(日本晴)の大きさ、制限酵素といったあらゆる情報を表にまとめました。これらのマーカーは、日本晴(ジャポニカ種)とKasalath(インディカ種)間の多型検出のために開発されました。これらのマーカーによる多型検出は、品種または系統の組合せに依存しますが、他の組合せでの分析に利用することができます。このアーカイブは下記の最終更新日のデータを元に作成されており、現状とは必ずしも一致しない場合があります。
  • 「MicrobeDB.jp」:本DBは,微生物に関する多種多様な情報を遺伝子・系統・環境の3つの軸に沿って整理統合し,セマンティックWeb技術を利用して単一の検索ウィンドウからそれらの情報を検索可能な統合DBです。
  • 「BARLEY DB」:岡山大学資源植物科学研究所で収集しているオオムギのバイオリソースや、オオムギゲノム解析(cDNA/EST)の情報を提供しています。Germplasmデータベースでは、オオムギ各品種のリソース情報と、種子や穂の写真が収録されています。Full-length cDNA and ESTデータベースでは、プロジェクト概要やクローン情報、ブラスト検索システムを提供しています。その他、ゲノムマップやオオムギ研究のプロトコル(日本語のみ)、バイオリソース価格表(日本語のみ)を閲覧できます。
  • 「Mouse Genetic Resources」:国立遺伝学研究所系統生物研究センター哺乳動物遺伝研究室において維持されているマウス系統に関する情報、及びそれらのマウス系統を用いた遺伝解析に必要な基礎情報を提供しています。
  • 「Algae Resource Database」 :藻類に関する株情報の検索、寄託情報、遺伝子情報、藻類の画像、文献情報を検索することができます。その他、株の分譲に関する情報も得ることができます。
  • 「National BioResource Project Bacillus subtilis」:枯草菌の遺伝子破壊株の情報、寄託、分譲に関する申し込みを受け付けているサイトです。分譲の受付から発送状況まで進捗を適宜確認できるページも用意されています。

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。