PDBのエントリー数が10万件を突破しました。

  • その他
  • ファンディング
  • 統合化推進プログラム
2014年5月21日

 PDBは、蛋白質、核酸等の生体高分子立体構造データを集めたデータベースで、日米欧3極、4つのデータベースセンターにおける国際協力により構築・公開されています。5月14日に219個の構造エントリーが新たに追加され、PDBから公開されている全エントリー数は100,147件となりました。

 日本では、大阪大学蛋白質研究所が運営するProtein Data Bank Japan (PDBj)がアジア地域アーカイブとして、全世界の総登録数の1/4の登録処理を行っています。

 NBDCでは、ライフサイエンスデータベース統合推進事業「統合化推進プログラム」において、PDBjの活動を支援しています。

詳しい内容に関しては、以下のリンク先をご覧ください。

wwPDB news http://www.wwpdb.org/news/news_2014.html#13-May-2014
PDBj news   http://pdbj.org/news/20140514
阪大蛋白研HP  http://www.protein.osaka-u.ac.jp/jpn/topics/pdb10.php
        http://www.protein.osaka-u.ac.jp/eng/topics/-protein-data-bank-100000-stru.php

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。