国立研究開発法人 科学技術振興機構

トーゴーの日シンポジウム2022

新着情報

開催概要

トーゴーの日シンポジウム2022

日時 2022年10月5日(水)13:00~17:35
方法 オンライン
参加費 無料
主催 国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
後援 内閣府、文部科学省

開催趣旨

JSTは、事業活動の紹介とデータベースに関する研究開発交流のため、今年も、トーゴーの日シンポジウム2022を開催します。

JSTでは、日本国内のライフサイエンス研究を推進するため、データベースをつなげて使いやすくする事業(ライフサイエンスデータベース統合推進事業)を2011年から実施しています。本事業の一環として、ライフサイエンスデータベースに関するウェブサービスの提供と研究開発を行ってきました。このうち研究開発では「統合化推進プログラム」を通じ、ライフサイエンスに関わる国内外のデータを統合的に扱うためのデータベース開発を支援しています。

本シンポジウムでは、「統合化推進プログラム」の採択課題からの口頭発表と、一般演題募集に基づくデータベース開発や統合的なデータ解析・利用に関わる方々からのポスター発表を行います。本シンポジウムを通じ、データベースの運用・利活用に関する課題の明確化や深掘り、解決方法について活発な議論が交わされることを期待しています。

プログラム

13:00~13:05 開会挨拶
13:05~14:10 口頭発表
13:05~13:10
「統合化推進プログラム 概要紹介」
伊藤 隆司(NBDC統合化推進プログラム 研究総括/九州大学 大学院医学研究院 教授)
13:10~13:20
「蛋白質構造データバンクのデータ駆動型研究基盤への拡張」
栗栖 源嗣(大阪大学 蛋白質研究所 教授)
13:20~13:30
「異分野融合を志向した糖鎖科学ポータルGlyCosmosのデータ拡充と品質向上」
木下 聖子(創価大学 糖鎖生命システム融合研究所 副所長・教授)
13:30~13:40
「バイオイメージングデータのグローバルなデータ共有システムの構築」
大浪 修一(理化学研究所 生命機能科学研究センター チームリーダー)
13:40~13:50
「統合的な転写制御データ基盤の構築」
粕川 雄也(理化学研究所 生命医科学研究センター チームリーダー)
13:50~14:00
「マイクロバイオーム研究を先導する ハブを目指した微生物統合データベースの特化型開発」
森 宙史(情報・システム研究機構 国立遺伝学研究所 准教授)
14:00~14:10
「ヒトゲノム・病原体ゲノムと疾患・医薬品をつなぐ統合データベース」
金久 實(京都大学 化学研究所 特任教授)
14:20~15:20 ポスター発表 第1部
15:25~16:25 ポスター発表 第2部
16:30~17:30 ポスター発表 第3部
17:30~17:35 閉会挨拶

参加登録

申込締切:9月29日(木)深夜24時

申し込みを締め切りました。

お問い合わせ

トーゴーの日シンポジウム2022事務局
(科学技術振興機構 NBDC事業推進部内)

E-mail: sympo2022[AT]biosciencedbc.jp([AT]を@に変更してください)

ページの上部に戻る

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容や本事業の一環として運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。