国立研究開発法人 科学技術振興機構
ポスター発表

【39】COVID-19データポータルJAPANの開発

発表者

○大波純一(RCOS)、阪口幸治(NII)、有田正規(遺伝研)、山地一禎(RCOS)

※氏名の前の「○」は、代表発表者であることを表します。

DOI

doi:10.18908/togo2020.p039

概要

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、研究データ共有の重要性が高まりつつある。欧州では早期からCOVID-19の研究データに関するポータルサイト(COVID-19 Data Portal)を、EMBL-EBIが中心となって構築している。スウェーデンでもこの枠組みに倣い、COVID-19 Data Portal Swedenを公開している。一方、日本のCOVID-19に関するポータルサイトのほとんどは市民向けの情報を集約したもので、研究者が必要とするデータは機関ごとに散在していた。
今回、国立情報学研究所オープンサイエンス基盤研究センター(RCOS)でも欧州の枠組みに賛同し、国内の研究機関と協力して「COVID-19データポータルJAPAN」を構築した。本サイトでは、研究者が国内外のCOVID-19の研究情報に迅速にアクセスできるよう、適切な分類とリンク先の選定、解説の付与を実施した。本サイトは日本初の組織横断的なCOVID-19に関する研究情報のポータルサイトとして、幅広い研究者に利用されることを目指し、コロナ禍の早期解決に繋げていく。

発表資料

注意事項

ポスターや発表スライド等の著作権は、別途記載がない限り発表者・発表者の所属機関に帰属します。
ポスター・スライド内の図や文言を転用する際には、著作者と話し合っていただくよう お願いいたします。

ページの上部に戻る

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。