国立研究開発法人 科学技術振興機構
ポスター発表

【21】薬物動態データベースDruMAPのRDF化

発表者

○樋口千洋(NIBIOHN)、長尾知生子(NIBIOHN、大阪大)、川島和(NIBIOHN)、渡邉怜子(NIBIOHN)、江崎剛史(NIBIOHN、滋賀大)、深川明子(NIBIOHN)、櫛田達矢(NBDC)、畠中秀樹(NBDC)、水口賢司(NIBIOHN、大阪大)

※氏名の前の「○」は、代表発表者であることを表します。

DOI

doi:10.18908/togo2020.p021

概要

我々は化学構造から計算された記述子とキュレートした公共データや我々独自に統一した条件で取得した実験データをもとに、機械学習の手法により、溶解度、代謝安定性、血漿タンパク質非結合率などの各種物性および薬物動態パラメータを高性能で予測できるシステムDruMAP を開発し、https://drumap.nibiohn.go.jp/で公開した。本データベースの収載内容をRDF 化することによって、NBDC RDF portal で提供される様々な生命情報データと統合し、より高度な解析が可能となることが期待できる。
現在公開のための作業を進めている。

発表資料

注意事項

ポスターや発表スライド等の著作権は、別途記載がない限り発表者・発表者の所属機関に帰属します。
ポスター・スライド内の図や文言を転用する際には、著作者と話し合っていただくよう お願いいたします。

ページの上部に戻る

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。