国立研究開発法人 科学技術振興機構
ポスター発表

【5】TogoStanza新バージョンの開発

発表者

○川島秀一(DBCLS)、守屋勇樹(DBCLS)、片山俊明(DBCLS)

※氏名の前の「○」は、代表発表者であることを表します。

DOI

doi:10.18908/togo2020.p005

概要

TogoStanzaは、RDFデータを格納したトリプルストアに対してSPARQLで問い合わせを行い、その結果を可視化するウェブアプリケーションを開発するためのフレームワークである。TogoStanzaにより作成されたアプリケーション(スタンザと呼ぶ)は、任意のウェブページに埋め込むことができ、これまでにTogoGenome(http://togogenome.org/)、TogoVar(https://togovar.biosciencedbc.jp/)、MicrobeDB.jp(https://microbedb.jp/)など、RDFデータを利用した様々なデータベースシステムで利用されてきた。TogoStanzaフレームワークは、当初Rubyを用いて開発されたが、その後、GO言語により開発されたバージョン(スタンザ開発自体は、javascriptを用いる)を経て、現在、node.jsを用いたバージョンを開発中である。新バージョンでは、GitHubを用いた開発ができることや、スタンザのメタデータの利活用などの特徴を備え、より高機能かつ再利用性の高いスタンザを開発できるフレームワークとなる予定である。

発表資料

注意事項

ポスターや発表スライド等の著作権は、別途記載がない限り発表者・発表者の所属機関に帰属します。
ポスター・スライド内の図や文言を転用する際には、著作者と話し合っていただくよう お願いいたします。

ページの上部に戻る

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。