国立研究開発法人 科学技術振興機構

研究員(ヒトデータ)の募集について

科学技術振興機構(JST)は、知の創出から研究成果の社会還元とその基盤整備を担うわが国の中核機関であり、イノベーションの創造を推進しています。
JSTでは、新たにバイオサイエンスデータベースセンター(NBDC)のヒトデータ関連業務を担う研究員を募集します。

職名

研究員

職務内容

NBDCヒトデータベース、NBDCグループ共有データベース、TogoVarなど、ライフサイエンス(メディカル)分野の研究において実施されたヒト由来試料から産出されたデータを対象としたデータベースの調査、企画提案、運営、管理、並びに国際連携に係る業務になります。下記の1)~8)のうち希望する業務を複数挙げ、優先順位を付けて履歴書に記載してください。

  • 1)ヒト由来試料や臨床情報を用いる研究に関係する法令・指針の把握
    ヒト由来試料や臨床情報などを使用した研究を実施する上で遵守すべき日本の法令・研究倫理指針、ならびに、海外の法令等の把握、法令等改正の際に実施されるパブリックコメント募集の際のコメント提出
  • 2)ライフサイエンス(メディカル)分野のデータ共有の際に生じる諸課題への対応
    ヒト由来試料を使用した研究において収集・出力されたデータの共有・利用を促進する上で生じる倫理的・法的・社会的・情報技術的課題の解決に向けた取り組み
  • 3)ライフサイエンス(メディカル)分野の国際的なデータ共有取り組みへの参画
    Global Alliance for Genomics and Healthへの参画・データベースへの機能実装(Human Phenotype Ontology、International Classification of Diseasesなどの国際疾病分類コード、Data Use and Researcher Identities、Beacon検索、など)、海外へのアウトプット・普及
  • 4)ライフサイエンス(メディカル)分野のデータベース構築・運用
    システム設計(システム開発・運用計画の立案、必要な費用の見積もり、仕様書作成、発注、プロジェクト管理業務)、システム実装、セキュリティ管理と最新動向の把握
  • 5)データベースへ実装するデータの作成
    Linux上での二次データ作成・RDF化・データキュレーション、データ利用許諾の確認など
  • 6)データベースの運営に関連する委員会への対応
    NBDCヒトデータベース、及びNBDCグループ共有データベースの運営にあたり、関連する委員会(NBDCヒトデータ審査委員会、NBDC運営委員会共有分科会、など)の事務局運営
  • 7)外部事業・機関との連携業務
    外部事業・機関(バイオバンク・ジャパン、東北メディカル・メガバンク機構、AMEDなど)との連携内容の検討・立案、実施
  • 8)担当するデータベースに関する広報活動(学会・出版物による発表など)

※その他、上記業務を遂行する上で必要と認める業務が含まれます。

※バイオサイエンスデータベースセンター(National Bioscience Database Center, NBDC)は、ライフサイエンス分野のデータベースを統合してデータの価値を最大化し、利用者の視点からみて必要なデータベースが使いやすいインタフェースによって提供されることを目指しています。
NBDCの概要はhttps://biosciencedbc.jp/をご参照ください。

応募資格(要件)

  • 1)修士号又は博士号取得者(それに相当する研究能力・業績を有すると認められる者)が望ましい。
  • 2)ライフサイエンス(メディカル)分野やバイオインフォマティクス分野の基礎知識、情報処理に関するスキル、もしくは、システム開発の経験を有すること。全て有することが望ましいが、1つの場合も他の知識・スキルの習得意欲を考慮する。
  • 3)積極的に情報収集及び情報発信ができること。
  • 4)ヒト由来試料を用いた研究データの共有における倫理的側面について理解・熟慮できること。
  • 5)わかりやすく丁寧な日本語文章の作成および電話対応等が可能であること。併せて、英語でのメール対応や英語で記載された論文の内容の把握が可能なこと。

任期

  • 単年度契約
  • 次年度以降の契約更新については、人事評価等によりJSTが必要と判断した場合に限り可能。
  • 更新回数は4回を限度とする。
    なお、特に勤務実績が優れていると評価された場合に限り、更なる契約更新を可能とする。その場合における契約更新限度はJSTの規程「基礎研究及びその他の各事業に従事する研究者等の就業に関する規則」に基づくこととする。
    ※但し、事業年度中に65歳に達する時は、更新回数に関わらず当該事業年度末日をもって雇用契約を終了とする。
    ※事業の改廃、国における予算の状況その他の事情により、契約更新を行わない場合がある。

試用期間

3ヶ月

勤務地

JST東京本部(東京都千代田区四番町)
※ただし必要に応じ、短期出張等あり。

勤務時間

裁量労働制適用(週37.5時間相当)

※⼀般職員は次の勤務時間のいずれかを標準として勤務しています。
(1)8:30~17:00 (2)9:00~17:30 (3)9:30~18:00

休日休暇

完全週休2日制(土・日)、祝日、年末年始、創立記念日、年次休暇、特別休暇

処遇

  • 年俸制
    年俸は、経験・実績等を考慮し、JST の基準により決定
  • 通勤手当はJSTの規定に基づき別途支給
  • 健康保険(科学技術健康保険組合)、厚生年金保険、科学技術企業年金基金、雇用保険、労働者災害補償保険加入
  • 科学研究費助成への応募資格有り

※その他労働条件の詳細は別途面接時(書類選考通過者)に説明します。

着任時期

応相談

※採用された場合は業務の必要性に応じて、緊急事態宣言中でも出勤を命じることがございます。

採用予定数

2~3名

選考方法

  1. 書類選考
  2. 面接

※書類選考通過者のみ、面接の日程について連絡します。
※現在海外に在住している等の理由で参加が難しい場合はご相談ください。
※面接はオンラインにて実施することがあります。(インターネット環境が用意できない方は、応募時にご相談ください)
※面接(対面式)を実施する場合は指定の日に来構のこと(新型コロナウィルス感染予防対策対応により遅くなる場合があります)
※面接にかかる交通費等は自己負担となります。
※選考内容に関する質問、問合せ等は不可。
※採否の決定はメール等により個別に連絡します。

応募方法

提出用パス(アドレス)をお知らせいたしますので、下記の【問合せ先】まで事前にご連絡ください。(E-mail での直接応募は不可)
JREC-IN PortalのWeb応募での提出も可能です。

提出書類

  1. 履歴書(写真貼付、E-mail アドレス記載のこと)
  2. 研究経歴、業績の概要(A4判2枚以内)
  3. 研究業績リスト
  4. 主要論文のコピー(2編以内各1部)
  5. 着任後の抱負(1000 字程度)
  6. 所見を求めうる方2名の氏名と連絡先(所属、E-mail アドレス、電話番号)
  7. 推薦書2通(推薦者は要署名) ※外国人の場合、英文でも結構です。

※提出書類は返却しませんのでご了解ください。
※応募に際して提供された個人情報に関しては選考目的以外には使用しません。

応募期限

随時選考し、採用者が決定した時点で募集を終了します。

募集者、書類提出先 及び 問合せ先

募集者

国立研究開発法人科学技術振興機構

書類提出先

JSTが指定するパス(アドレス)宛送付、あるいは、JREC-IN PortalのWeb応募で提出

問合せ先

国立研究開発法人科学技術振興機構 バイオサイエンスデータベースセンター 採用担当
 TEL:03-5214-8491
 E-mail:nbdc-recruit<AT>jst.go.jp(※<AT>を@に変更願います。)

備考

  1. 本書に記載のない労働条件詳細については、面接時(書類選考通過者)にご説明します。
  2. 採用決定し、JSTが直接雇用するに当たっては、以下の提出が条件となります。
    • 身元保証書(保証人2名要 ※1)
    • 個人番号 ※2(扶養家族を含む)
    • 在留カードのコピー ※外国籍の方のみ現在の在留資格、期間の確認のためご提出ください。
  3. 上記1.に加え、職場における事故等の緊急時対応のため、緊急時連絡票(本人と本人以外の緊急連絡先を記載したもの)もご提出いただきます。

※1 保証人には両親以外の方を少なくとも1名、非同居人(親も可とします)を少なくとも1名含むものとします。
※2 行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律(平成25年法律第27号)第2条に定めるもの (マイナンバー)。マイナンバーの収集は採用後、機構委託先により行います。

PDF版ダウンロード

お問い合わせ・ご意見

本ページの内容やNBDCが運営するWebサービスのお問い合わせ、研究データ・データベースなどに関するご相談などお気軽にお寄せください。