catch phrase
文字サイズ変更  font-L font-M font-S

プログラム概要

ライフサイエンスデータベース統合推進事業では、データベースの統合化に向け、『統合化推進プログラム』を実施しています。
また、これまで、『基盤技術開発プログラム』(実施年度:平成23-25年度)、『統合化推進プログラム(統合データ解析トライアル)』 (実施年度:平成25-27年度)を実施してきました。

(以前のプログラム概要)

 

 研究総括

tnagasu

 

 

 

長洲 毅志
元エーザイ株式会社
プロダクトクリエーション本部
ポートフォリオ戦略・推進部 顧問

 

統合化推進プログラム

概要:

 本プログラムは、国内外に散在しているライフサイエンス分野のデータやデータベースの共有を強力に促進し、公共財として誰でもが自由に活用できるようにするとともに、生物種や個々の目的やプロジェクトを超えて幅広い統合化を実現することにより、データがより多くの分野の研究者、開発者、技術者に簡便に利活用できるようにして、データの価値を最大化することを目指すものです。すなわち、データの共有、統合を通して、我が国のライフサイエンス研究の成果をあまねく行き渡るようにするとともに、それを十分に活用できる環境を構築することにより、ライフ分野におけるイノベーションを促すことが本プログラムの目的です。(平成26年3月以前のプログラム概要)

研究アドバイザー:

伊藤 隆司 九州大学大学院 医学研究院医化学分野 教授
漆原 秀子 筑波大学 名誉教授
金岡 昌治 株式会社住化分析センター 代表取締役社長
狩野 光伸 岡山大学大学院 医歯薬学総合研究科 教授
佐々木 卓治 東京農業大学 総合研究所 教授
藤 博幸 関西学院大学 理工学部生命医化学科 教授                   
深海 薫 理化学研究所 バイオリソースセンター情報解析技術室 室長
(平成27年6月1日現在;五十音順に掲載)

以前の研究アドバイザーはこちら

 

進行中の研究開発課題:

平成26年度[9課題],平成27年度[2課題]