catch phrase
文字サイズ変更  font-L font-M font-S

NBDCの目指すところ

ミッション:
ライフサイエンス分野のデータベースを統合し、データの価値を最大化することにより、日本のユーザ、更には世界のユーザに貢献できる日本が誇るべきデータベースセンターとなること

(1)データベース研究開発戦略の立案

データベース研究開発戦略はライフサイエンス研究戦略そのものであり、データベース研究開発戦略が日本のライフサイエンス研究の競争力を左右する。

(2)データベースの充実

府省間のデータベース統合

内閣府および各省庁のデータベースを統合し、データを効率よく研究者および産業界に還元することにより、新たな知見が得られ、我が国のライフサイエンスが更に発展するとともに、新たな産業が創出されることが期待される。

基盤技術開発

基盤技術が充実して初めて、日本中から集められてきた質の高いコンテンツに新たな価値を付加することができ、日本におけるバイオインフォマティクスやITの研究・産業応用などを活性化する起点になる。

ファンディングプログラム

ファンディングプログラムにより、上記の府省間のデータベース統合に関する研究開発課題を支援することで、データベースの充実を加速する。

(3)データの公開

オープンイノベーションという言葉に代表されるように、これからの学問、産業の発展には多くの分野にまたがる集合知の結集が重要である。参加機関か ら無条件で全てのデータベースが公開されることが望ましいが、各省庁、各データ作成機関の政策、ポリシーとの整合性が問われる場合は、柔軟に対応する。

(4)国際連携

統合データベースを整備していく上で、日本の特徴あるコンテンツや先進的な情報技術を活かした取り組みが重要であり、それによって欧米諸国、アジア諸国など海外と対等な立場で連携し、国際的な競争力を高める。